アドビーマンの米国株と物販副業と登山、カメラ、ゲームなど

米国Adobeの成長に乗っかるのが勝利の近道と思い始めたブログ。それぐらいの可能性がある。その他登山、写真撮影等。勉強は継続中。興味や方向性も変わっていく中で、普遍なるものを見つけよう。ドラクエ世代、ウォークは無課金ですがAndroidが勝手に散歩してます。などなど濃くて自由な生き様を綴るブログ

【月利2%を超えろ】7月3週目の資産推移

こんにちは、アドビーマンです(◍•ᴗ•◍)

円グラフがしょぼくてがっかりしているアドビーマンです。

まぁいいや、所詮、自分分析用だからね。

 

さて、今朝はマイクロソフトとテスラの決算発表でしたね。

マイクロソフトはガイダンスを上回るもAzureの減速懸念で売られるという

めちゃくちゃ厳しい市場の声。

100点以外は認めません、99点ではダメなんですか。

 

これが時価総額世界2位企業に求められる期待という事なのでしょう。

 

ちなみに1位はアップルです。

 

 

 

f:id:adobe-man:20200723090258p:plain

 

日本株は17%

PTONは72%

現金比率は5%程度です。

 

アフターコロナと言われる銘柄にほぼ全振りしています。

 

TSLA今朝の決算発表直前に1株だけ(@1605)購入しました。

あとリベンジでSPCEも(過去に14ドル台で損切り・・)

f:id:adobe-man:20200723092307p:plain

 

7月度 月間成績を指数と比較するよ

月間成績

日経(%) 2.0774%
ダウ(%) 4.6219%
ワイ(%) 11.8306%

 

月利2%を確実に出す事を目標にしていますが、ここまで十分な結果です。

 

主因は

・3962チェンジのデイトレ

・PTONの値上がり

・TSLAの短期値上がり

 

このあたりだと思います。

 

しかし、短期取引がいいのか、結局は長期で保有した方がいいのではないか。と

 

悩むこともあります。

 

今月は利益があるので、現在(7/22)は現金比率を5%程度にまで減らして攻めている。

特に問題はないかと考えています。重要なのはリスク管理 それはほぼ、イコールで現金比率の事と言ってもいいと思います。

 

では、好決算と見られるテスラを買い増ししないのか?

TSLAに乗っかることは、少し冷静になってから考えたいと思います。

事実が出てから買うのは、もう十分な判断材料があってからの投資という事で

それ自体は安心できますが、あまり有効な投資とは言えない気がするんです。

 

やはり、ある程度は不確実性のあるものを、その段階で買う勇気と引き換えに

爆益があると思うんですよね~。

 

色々な意味で、注目されると相場もかき乱されるかも知れませんからね。

 

7月度 残り1週のスタンス

そういった踊り場では適度に踊ることを心掛け、自分自身の内なる目標は

冷静にコツコツと私なりの目標値

 

「月利2%」

なんですな。