アドビーマンの米国株と物販副業と登山、カメラ、ゲームなど

米国Adobeの成長に乗っかるのが勝利の近道と思い始めたブログ。それぐらいの可能性がある。その他登山、写真撮影等。勉強は継続中。興味や方向性も変わっていく中で、普遍なるものを見つけよう。ドラクエ世代、ウォークは無課金ですがAndroidが勝手に散歩してます。などなど濃くて自由な生き様を綴るブログ

【分配金報告】TECLレバレッジETFから分配金が入金

こんにちは、アドビーマンです(◍•ᴗ•◍)

 

口座をチェックしていたら、余力が少し増えているのに気づきました。

なんとTECLは分配金を出してくれるのですね(笑)

f:id:adobe-man:20200408065724p:plain

特定とNISA分

TECLは今の段階でプラスです!

 

7日のアメリカ市場は利益確定売りに押されて、寄り高でしたね。結局引けはマイナスでした。

それでも今のTECLの株価で、プラスになっています。

分散して投資してきた、&レバレッジは最後に打つという考えのおかげですかね。

(たいしたことない)

 

www.adobe-man.site

 今の買い方、資金配分は、その時に最良と考えてやったことなので、よほどの事が無い限りキープで行きます。

そして、今の保有でマイナスが出ているようであれば、それはバーゲンセールだとして買い増しをしていきます。

ただ、難易度が高い相場でづから一気に投資して勝とうとせず、落ち着いていきたいですね。

あくまで、こういう時期ですから生活が優先です。

f:id:adobe-man:20200408070541p:plain

明らかに混乱は縮小してきている

 

f:id:adobe-man:20200408070604p:plain

期待させといて・・・

TECLを微益で売ってはいけない

初心者に戻らないよう、利益はできるだけ伸ばす事を考えます。

含み損から解放されると嬉しくなり、今度は含み益がまるまる「自分へのご褒美」のように見えてきます。

この考えは初心者なので絶対に改めるべきです(笑)自戒込め。。

含み益になったのは市況が自分の読み通りになってきた証拠なので、ここからは自分のターンなのです。

含み益を伸ばすターン。

 

TECLの利益が見れる数字になってきても、しばらくは保有します。

 

微益で売ってはいけない。

生活費をまるまるカバーできるくらいには伸ばしましょうか。

 

なお、宇宙旅行銘柄は

これが最大のネック。

超絶含み損です。

 

いつ、また再注目されるかも分かりませんが、このような時期に仕込む事が、精神的な強さも含めて、投資には重要なのだと考えて辛抱してみます。

 

何せ、株価が元通りになれば資産は2倍以上になるようにポートフォリオを変更したのだから!

 

お願い、上がって。。