アドビーマンの米国株と物販副業と登山、カメラ、ゲームなど

米国Adobeの成長に乗っかるのが勝利の近道と思い始めたブログ。それぐらいの可能性がある。その他登山、写真撮影等。勉強は継続中。興味や方向性も変わっていく中で、普遍なるものを見つけよう。ドラクエ世代、ウォークは無課金ですがAndroidが勝手に散歩してます。などなど濃くて自由な生き様を綴るブログ

【雑記と仮想通貨】仮想通貨への投資を、ロジカルに勝つために

こんにちは、アドビーマンです(◍•ᴗ•◍)

コロナウィルスの影響も限定的でありました(もちろん、市場への影響という意味で)人々への影響については、ただただ早く収束してほしいという思いです。

アメリカハイテク株は立ち止まる日もありますが基本的にまだまだ上昇しており、2020年も早くも2月1週目を終えます。

今の所のアドビとSP500指数との対決結果は以下の表の通りです(圧勝!)

f:id:adobe-man:20200207072423p:plain

勝てる時に徹底的に勝つ

指数3.57%に対しアドビ11.42%

年間20%のリターンを目標としているわけですが、出木杉君じゃないでしょうか。

仮想通貨市場も上昇

仮想通貨は3年前のブームの時に少しだけ購入した経験があります。あの時は今以上に胡散臭い感じがして、すぐにやめてしまいましたが、また今になって価格がじわじわ上がってきています。

理由がなく上がることはないと思うので自分なりに分析していると

  • 途上国が今後貧しくなって自国の貨幣が破綻する、その際に仮想通貨が使用される未来は普通に有り得る。
  • 半減期という、市場に流通するコインの総量を抑える施策が行われることが予定されている。

 

世の中に役立つ投資かといわれれば

私自身、ビットコインが今どれくらい「値上がり目的」以外で認知されているか知りません。勤め先のECサイトでも「ビットコイン決済対応」と掲載されていました。

 

実際に決済する可能性があるんでしょうか。決算書にどのように記載すればいいんでしょうか(円換算?ボラ大きくて信用できないですな。。)

 

企業の発展に期待して投資する株式投資とは違うため、上がるか下がるかの投機的なビットコイン投資ですが、資産形成のための1部として保有しておくことは

「全然あり」だと思います。では、勝つ為にどのように考えればいいのでしょうか。

株式投資との通ずる点から、考察してみます。

 

仮想通貨取引で勝つために

【勝つ時に大きく勝つ】→少しプラスになったからと言って利益確定しない

【今がピークでない可能性がある、将来は全く読めない】→株式よりも、上に大きく振れる可能性を秘めています。少額投資で良いので、期間は10年単位で考える。

【将来的に、なんとなく必要とされる技術と考えてよい】→下がっても買い、むしろ栄枯盛衰がある個別企業の業績よりも安全

【手数料が高い】→より、プラス少額の状態で利益確定しないことを認識する

 

現在の利益

楽天ウォレットが仮想通貨のサービスを開始したので、

楽天スーパーポイントを使用して投資しています。

投資する時期は「ポイントが付与された日に、なるべく早く」です。

値動きの時期は読めませんからね。

 

現在、合計19878ポイント使用

現在価値 20075円相当(+1%)

 

相場が上昇しているにも関わらず、交換レート(手数料)の影響で全然儲かっていません、もっと大きな目で潮目が変わることも期待して、やはり長期保有で育てていきたいと思います。

 

まとめ

ポイント投資だから、別に大勢に影響ないや~と思って、仮想通貨取引を始めました。

認識しておく事をまとめます。

 

【メリット】

  • 1円単位で取引できる(1ポイント単位でと同義)
  • いつでも取引できる(土日、深夜いつでも)

【デメリット】

  • 株式よりも交換レート(手数料)高い

【ルール】

  • 少々の利益で、売却しない。そうすることで、勝つときに大きく勝つ。絶対的な基本①
  • 大きな潮目(流れ)は、仮想通貨が採用される流れにある
  • 直近では、半減期が到来するため、注目が高まる

 

株も好調ですが、仮想通貨にも目が離せません。

とことん、自分って ひねくれた人だな、と思ってしまいますw