アドビーマンの米国株と物販副業と登山、カメラ、ゲームなど

米国Adobeの成長に乗っかるのが勝利の近道と思い始めたブログ。それぐらいの可能性がある。その他登山、写真撮影等。勉強は継続中。興味や方向性も変わっていく中で、普遍なるものを見つけよう。ドラクエ世代、ウォークは無課金ですがAndroidが勝手に散歩してます。などなど濃くて自由な生き様を綴るブログ

【株取引報告】決算発表直前のVISA(V)を新規購入しました

こんにちは、アドビーマンです(◍•ᴗ•◍)

コロナウィルスの影響も限定的であった米国市場は、TOP2企業のアップル(AAPL)とマイクロソフト(MSFT)が好決算を発表したわけで、本当ならもっと上がっていきたい。しかしコロナウィルスで思わぬ足止めを食らってしまった。溜まりに溜まった上昇への力が解放されるでしょう(願望)

 

そんな中、以前より注目していた銘柄のビザ(VISA)に新規投資しました。

ビザ(VISA)に新規投資

f:id:adobe-man:20200131065604p:plain

夜中1:42に成行買い

この日、市場取引終了後に決算発表を控えていました。もちろん分かっていましたが、決算内容を見て短期で売却するのではなく、ある程度の期間を保有するつもりで買いました。

その理由としては、今後も優位性が続くと期待できるためです。

 

ただ、これだけなんですけどね(笑)

ライバルのマスターカードと、収益率争いを繰り広げているようですが、そこは注目する所ではないと思っています。

もっと重要なのは、今後もこのビジネスが通用する世界なのかどうかという点。

システムを提供するだけで利益が出るなんて、なんとも羨ましい存在。他業界のIT企業が黙って見ているわけはないなと、以前から思っていました。

 

そこで、ユニコーン企業で将来有望なPlaidを高額買収するという、機敏な所を見せたのです。これで、VISAの姿勢は「既存にとどまらず、将来予測されるリスクに対しても対応できそうだなぁ」と、漠然とそんな感じに期待感を持ちました。

 

まずは1株だけですけど保有してみて、様子を見ます。

最終的にはAdobe 85% VISA 15% 程度に振り分けたいと思っています。

アップルやマイクロソフトではダメなのか

アップルやマイクロソフトは、今が収穫期です。

 

その点、アドビは収穫期前であり、EC分野、AI分野で今は種まきを終えた時期と見ています。ビザもユニコーン企業を買収し、今後のシフトチェンジにも対応すべく内部で幅を広げていく姿勢を見せています。こちらも収穫期前と見ております。

 

今後、まだ先に収穫期が見えるという銘柄という点で、AdobeとVISAは共通項があると思い、投資先としました(´・ω・`)