アドビーマンの米国株と物販副業と登山、カメラ、ゲームなど

米国Adobeの成長に乗っかる。その他登山、写真撮影等。勉強は継続中。やり方も変わっていく中で普遍なるものを見つけよう。

【カメラ】中古カメラ(レンズ)のリペアに失敗した話(あかんやつ)

こんにちは、アドビーマンです(◍•ᴗ•◍)

年始の1日目の仕事が終わりました。久々であっという間に終わってしまいました。本業の仕事は出来るだけ手法などをバージョンアップし改善を重ね、時間短縮を目指していきます(前の部署ではパワハラが酷く、そんな手法の改善すら認められなかった。)

時間を短縮する目的は、定時後に自分のスキルを磨く、副業で収入アップを図る時間としたいと思います。有意義な時間へと。

いきなり副業で稼ぐのは難しいとしても、資格取得や読書など教養を養うのはとてもいいことだと思います。

 

そんな中、ひそかに進めていた事が「中古レンズの状態悪いのを買って、修理すれば高く売れるだよね?

これって、ぼったくりではなく、一手間かけるという労働をするのだから価値が上がるのは当然だよね?

という試みがひとまず失敗に終わったので備忘録として(そして、今回の件だけで諦めないためにも)投稿します。

 元日、ブックオフ仕入

正月は地元関西に帰省していました。(実家への帰省であり、寄生でもあるという)元々、親父もリサイクルショップを廻るのが好きだというので、正月の怠惰な生活もすぐ飽きてしまうため、元日からリサイクル屋巡りへ(笑)

 

そこで驚きの光景(そう見る人には見える)

 

  • 転売目的のバイヤーが(外国人3人1組で)活動していた。ガンガン買っていた。

つまり、目利きのできる人からすれば、元旦のセールは宝の山。

他の人がぐーたらしている間に、カネは動いている。

f:id:adobe-man:20200106235346p:plain

これは本だけど

こんな事を、過大に感じてしまいました。

そのバイヤーたちはアパレル系をガンガン買ってましたね。アパレル関係はジャンル膨大すぎて分からないのですが、私は私でこれから本格的にやろうとしている分野の手応えを探る目的で今日は来た。

 

フィルムカメラを2台購入する事にしました。

しかもレンズ付き。購入する側の事を考え、すぐに撮影できるようなセットを。

 

そして、リスクを低く始めたいため、とにかく安く仕入れる事を主眼に(株を安く買う練習にもなる?w)

3200円程度でした。

レンズは1本カビが生えていた

2台ともにレンズ付きです。

2台の本体と、2本のレンズで3200円という事です。

まぁ、安いのではないでしょうか。この価格なら文句を言う気に持なれません。店側も現状販売ですと書いています。

 

ヤフオクで同じ程度の価格もありましたが、送料がかかる為、結局はリサイクルショップで現地仕入れできると一番安かったりします。現物の状態も確認できるからね。

とは言っても外装の目視のみでした。

レンズの状態まで観ていなかった。

そして、帰宅してよくよく確認してみると、うち1本のレンズに点々とカビが生えていました。

 

安いから被害額は少ないものの、売却してしっかり購入者に喜ばれて転売の経験を積もうとしていた所に、商品価値Downの洗礼です。

仕方ない、これも貴重な「経験だ」と、正月早々にゴミ漁り行為そのものを楽しむ。

 

帰宅してすぐにネットで調べ、カビを除去するための方法、必要な工具などを調べて、すぐにポチーっとしていました。(余計な出費)

f:id:adobe-man:20200106233706j:plain

工具セット

失敗しない人生も選べる、があえて失敗を重ねてみる

今年の私のテーマです!それなりの年齢ですから、失敗しないようリスクを回避して生きる事も出来ます。しかしあえて失敗をしてみましょう。日本人の特性で失敗を笑う人は多いと思いますが、自分がその失敗を経験した事で、次に生かせればいいんです。

失敗したほうがブログネタになるし(笑)

f:id:adobe-man:20200106233732j:plain

CANON 80-200レンズ

このあたりまでは難なく分解できました。どこのネジがどの長さかもわかっています。

しかし、AFレンズは自分で分解すべきではない?というサイトを見つけてしまいました。やはりMFレンズの分解にとどめておいたほうがいいのかな?電子接点などもあるし、点数が多い分難易度も高いんだろうな。

 

f:id:adobe-man:20200106233933j:plain

電子接点部分とレンズ

f:id:adobe-man:20200106234030j:plain

全筒画像。この時点で復元を断念

カビが発生していたのは中のレンズ玉でした。このレンズ玉を取り出す為には、3点ネジを取りはずさなければいけません

 

そのネジ穴に到達するためには、AFのネジ巻き構造部品を取りはずさなければなりません。

この部位のパーツが難解で、取り外したはいいものの、元に戻すことが出来なくなってしまいました。

ここで復元を諦め、ついでなので経験をと思い、3点ネジの取り外しを試みました。

「か、固い・・」

どなたかのコツ指南に書かれていましたが、年代物のレンズの内部にあるネジは固くてもろいことが多いようですね。思いっきり押し込む力を加えつつ、ネジを回す感じです。

この力加減を誤り、ネジ穴をなめてしまいました

最悪です。お客様に売ろうとしているのに、ネジ穴なめてしまって完全にアウトなんですから。

既に途中のAFのネジ巻き構造部品の段階で諦めてますが、仮にここがうまくできたとしてもネジ穴壊してしまっているようではダメっすね。

f:id:adobe-man:20200106234634j:plain

カビに覆われたレンズを拭いてみた(けいけんちを かくとく!)

唯一の収穫といえば、

事前段階では、DIYリペアを簡単に考えていたわけではないが、やはり難しかった。という当たり前の考察をこうやって実体験を踏まえて書けるということではないだろうか(笑)

とりあえず失敗だが、安いレンズでも色々学べたので貴重な機会となった。

スーパーマリオで1-2からは土管からフラワーパックンが出てくるぞという事 だけでも知れたのでよかった。

的な経験だと思う。

 

本当に儲けていくのはMFレンズで、もう少し高いレンズだなぁー。

もっと扱うレンズを見極めたい。それすらも未開拓です。

本当にやり続けられるのかわからないが、進んでいこう。

f:id:adobe-man:20200106235017j:plain

ゴミの日を確認します

株式は波乱の幕開け、失敗を最小限にしたい。

1月6日の日本株式市場の開幕’大発会’では日経平均は451円も下落したように、昨年の株高は、今後の株価をなんら保証するものではありません。

 

2019年はたまたま誰が買っても儲かる相場であっただけであり、その中でリスク資産(=リターンが多く期待できる銘柄)を保有している人がドヤれた相場ですが、そういった人達が

いざ、荒れ狂う相場に対峙した時、どのような振る舞いを見せるのか、楽しみではあります。自分はハイテクセクター100%だけど、どのように振る舞うのだろうw他人事ではありませぬ。

 

 

今年は失敗を恐れず失敗を重ね、こんな事していて意味があるのか・・・と思うほどの迷路の先にも光があるかもしれないし、とにかく経験を積んでいきます。

それを継続していきます。

 

今日、ようやく楽天証券でポイント投資の買付を行いました。

 過去からの習慣です。必ず貯まったポイント全額を買付しています→プラスになれば即解約します。

www.adobe-man.site

 

必ずプラスになるんだよなぁ。下落相場でも通用すれば、確実に資産増加できそうだな。いつもより詳しく記事にしていきましょうか。今後自分の中でemaxis slim 米国株式(s&p500)が化けるかもしれないし、その可能性を期待して、自分のために記事化する。

 

買付完了したら記事アップします。