アドビーマンの米国株式集中投資

米国Adobeの成長に乗っかる。その他登山、写真撮影等。今できることを全力で

【株主優待】ビックカメラ(3048)から優待品到着.5.79%総合利回りの内訳

こんにちは、アドビーマンです(◍•ᴗ•◍)

タイトルの通り、過去の保有していたビックカメラから優待と配当金のお知らせが届いていました。(11/16)

 

www.adobe-man.site

 

ビックカメラ(3048)は8月本決算企業(売却済)

初めてこの銘柄を取得したのは古く、2013年頃になります。

買い物券が貰えるという、”株主優待目当て”での購入でした。

2019年8月に売却するまで、約6年間、100株を保有し続けました。

f:id:adobe-man:20191117083256j:plain

7年も保有すると、季節の到来(お知らせ)的に感じられる

f:id:adobe-man:20191117081759p:plain

でも売却しました。

記事執筆現在(11/17)株価は1,209円まで上昇。。

ビックカメラ株主優待内容について

・半期に1度、保有株数に応じて買い物券が進呈されます。

・長期保有株主に対しては、その買い物券の枚数が優遇されます。

 

最大効率時

・最小単元の100株を2年半以上保有 (株主名後に連続5回以上記載)の場合

 8月決算時に買い物券3,000円分、2月中間決算時に買い物券2,000円

 合計5,000円の買い物券が送られてきます。

 

配当金の額について

現在の株価に対する配当利回りは約2%という所です。

8月決算の配当は10円(1,000円)でした。

税金を引かれて797円が入金されました。

トータルの利回り

 

私は5期以上連続で株主名簿に記載されていましたので、年間で以下の恩恵にあずかりました。

  • 5,000円分の優待(自分で使ったり、ネットで売ったり)
  • 2,000円分の配当(税が引かれる)
  • 計7,000円
  • 値動きは、上がったり下がったり。

今の株価1,209円で購入したとすると、5.79%です。

現在は米国株へ資金集中のため、保有なし

日本株は全部撤退してしまってもいいか検討しましたが、その結果

ヤマダ電機オリックスのみ残しています。

 

www.adobe-man.site

 これらも、優待&配当で自分にとって使い勝手が良く、値段も手頃な銘柄です。

JTやKDDIのように20万円超えの資金を日本株に充てる予定は、今は有りません。Adobeの成長に素直に乗るが吉と考えています。

 

しかし株主優待のお届けは、日本らしい、贈り物の文化にマッチした制度だと思いました。株価を上げて株主に直接的に還元するというアメリカの思想とは、少々異なりますね。

 

1か月後には9月決算企業の優待(3月本決算企業の中間優待)が届く頃でしょうかね。ヤマダ電機もネットで売るかな・・。