アドビーマンの米国株式集中投資

米国Adobeの成長に乗っかる。その他登山、写真撮影等。今できることを全力で

【米国株】集中投資で結果が出ず迷う話

こんにちは、アドビーマンです(◍•ᴗ•◍)

乗り換えた先(ADBE)が各駅停車化。元々乗っていた列車(AAPL)が特急だった

 アドビこそが収益性でも社会貢献性でも随一の会社だと思い、また自分の写真好きな個人的趣味からもアドビに投資しておりますが、中々結果が出てきません。目下、調整中で次回決算までの動きはじりじり(上下を繰り返している)です。

 

そんな中、お別れ(=売却)したアップル株が爆益になっています。※株価追跡用に1株だけ保有

しかし、26株持っているのと1株しか持っていないのとでは、幸福度が違います。やはり持ち株数は大事。

 

www.adobe-man.site

 

www.adobe-man.site

まとめ

  • Iphone 11の発売日9/11に、AAPL株を214ドルで売却
  • 10/30に決算発表、事前予想を上回る利益。終値243ドル
  • 仮に保有していれば約1年で+16.7%
  • ただし、-31.8%の暴落も経験した(2019/1に142ドル)

 

結果が出るまでに、許容できる期間は??長いこと待てますか?

まだ、1回の決算発表を経験しただけです。(ADBEは9/18に第三四半期の決算発表済)

ソフトバンクグループのように、投資先の雲行きが怪しいとか、何か収益の低下に関わる問題が出たわけではありません。株価がこれから上昇していくための、平穏な期間、調整とも違う、ただただ注目されていない期間だと思っています。

 

この期間中に他銘柄の動きがやけに輝いて見えてしまいますが、放っておきましょう。それよりも、副業の軸を伸ばして、手元に余裕資金を増やす事にでも注力しておいた方がいいです。

  • 8月末株価  284.51 ドル
  • 9月末株価  276.25 ドル
  • 10/30株価  278.41 ドル

10月中の動き

 最安値259.57ドル(10/23)を付けました。そこから1週間で上記278.41ドルと、7.25%の上昇をしています。安い所では下支えというか、買いがある印象です。

 

結局、相場は素人には読めない。感情を制御しよう。

もう、これに尽きます。投資先の会社の収益や業態に疑念が無い場合、細かい事は考えずに保有しましょう。

 

バークシャーのバフェットはアップル株を大量に保有していますよね。安い時に買い、中長期保有するという「シンプルかつ王道」の投資法で、すさまじい利益になっているはずです。

 

私はそれが「ADBE」だというだけです。今後も決算をまたぎ、いい所・良くない所を注視していきます。

 

www.adobe-man.site

 取引方針の確認

  • 銘柄の上がるタイミングは、自分の予測や期待するタイミングと異なる
  • それに乗っかるには、保有し続けるしかない
  • 安く買うことが最重要
  • 世の中の為になっている銘柄を買う
  • 世の中の利益になっていない会社(×投資会社、△たばこ会社)

 

明日、資産の10月末棚卸予定

日本株は、中間権利落ちだったオリックスが10月は上昇しました。

米国株は、ADBEは平行線ですが、アップル(AAPL)は上昇し、含み益は19%。アルトリア・グループ(MO)は安値で買えたため、短期間で16%を超える含み益となっています。

一番太くポートフォリオに組み込んでいるADBEが平行線!

 

1か月前の資産記事を振り返り思う事

1か月先(10末)の事を、何一つ予想できませんでした。つまり、株価とはそんなものなのです。

  • 日経平均が23,000円に到達
  • 長らく低迷していたオリックスが上昇
  • アップル(AAPL)がさらなる上昇 ⇒決算も良く今後も上がりそう
  • ADBEが平行線
  • アルトリア・グループ(MO)が総悲観からの急回復

これら、全部読めませんでした。また1か月後には、1か月もあれば株価も展開もガラッと変わっています。定点記録は続けつつ、継続保有と買い増しのタイミングを計っていくことにします。