アドビーマンの米国株式集中投資

米国Adobeの成長に乗っかる。その他登山、写真撮影等。今できることを全力で

【会社】日本の労働生産性は低すぎる

こんにちは、アドビーマンです(◍•ᴗ•◍)

今、ラグビーワールドカップ、日本対南アフリカの試合が終わりました。残念ながらベスト4へ進出の悲願はなりませんでしたが、実力を出し切り、One Teamの美しいチームで、日本中ににわかファンを発生させたことは素晴らしいと思います。

 

スピードやパワーで他国に後れを取っても、連携や戦術のチームワークで上回る、陸上の100mリレーでもそうです。走力では劣るものの、バトンパスのロス率を減らし上位に食い込む。日本は突き詰めれば、実力以上にすばらしい効率を叩き出せるのです。

 

しかしタイトルの通り、労働生産性は低いんですよね。なぜなのか、私もこれに苦しめられています。

 

実力よりも上下関係、内容よりも形式を重んずる

  • 効率が悪い事でも、偉い人が決めたことが通ります
  • 結局、誰が言ったかを重視してしまいます
  • 外国では、若手の意見でも優れたものはどんどん取り入れている印象があります
  • 少額の経費使用ですら、申請書
  • 立ち話で終わるようなことも、会議で決定、会議録に残す

 

まじめに見えて、実は偉くもなんともない。決定が遅すぎるのはこういった無駄をやらなくてはいけないものと思い込んでいるからでしょう。

 

また、これらを省略しようとすると「サボりたいから省略したいんじゃないのか」と思われてしまいます。違うだろと。本当は効率悪いと分かってるだろうに、偉くなればなるほど、普通の判断ができなくなります。

 

議題がなくても定例会議

勤務先では月に2回も、定例会議があります。

発表がない事も割と多く、他部署の報告は自分には必要のない事です。しかしこれに出席することは立場上「義務」であり「務め」となっています。必要ないとか、そういう次元の話ではないようで、決まりなんです。あー無駄や。

 

これで、立派な 月に2回会議をしているという肩書だけが残ります。仕事とは、肩書を残すためにやっているのか、中身が薄い。

 

FAXを未だに現役バリバリで使用する日本

勤務先でEC事業を始めるにあたり、関連する外部セミナーに参加してきました。その中で、業務におけるFAX使用は先進国では減ってきているという話がありました。ビジネスに使用するツールとして古過ぎるためです。博物館に飾られている国もあるとか。(笑)

 

書類は、通信費を使って先方のFAX番号宛に送信し、相手は受信し出力する。その後、紙資料として保存。場合によってはスキャンし電子化して保管。

手動作業が何十年も前と変わっていません。何も変わらなければ、世の中が進んでいる分、後れを取っている事になります。

 

勤務先も昨年「FAXを電子化し、紙出力の削減を!」と打ち出しましたが、大きな費用をかけて目的がその程度なのかと、残念な思いをしました。

 

成果を求めて、早く動け アドビーマン

趣味の写真、海外転売の事などを考えていますが、平日は勤務先の非効率的な空間に侵されて、副業の進捗が遅くなりがちです。しかし言い訳してもダメですね。言い訳しても自分のためには一切なりません。

 

そして、会社でもベストを尽くし、その上で定時でスパっと帰り、自宅を副業の秘密基地にしていくくらいの気持ちで取り組みたい!

 

今の勤務先のみしか見えていないようではダメ。その中で人間関係などに悩まされていてはダメ。外に対して常に自分が通用するかを考えていく。転職した元同僚は新天地で活躍しているようだ、そういったアゲている男の存在を意識して、久々に会った時に色々やってるなお前、と言われるほどにやっていく。

とりあえず本買いました(笑)

 

英語に苦手意識があるのが悔やまれる。しかしだな、1日でも早く克服すべく動くべきだ!わかっているなら後はやるだけだ。

思っているのと、実際にやるのとでは難易度は全く異なる。やれば勝ちだ。