アドビーマンの米国株式集中投資

米国Adobeの成長に乗っかる。その他登山、写真撮影等。今できることを全力で

【節約】月初に行う節約方法について(楽天ポイント関連)

こんにちは、アドビーマンです(◍•ᴗ•◍)

おはようございます。10月です。消費税増税されてしまいましたね。しばらくはニュースが多いでしょうが、自分ができることをするのみです。

さて、月初となり、「楽天経済圏」の方は行動しなければならない項目がいくつかあると思います。

アドビーマンも早速、金を使いました。節約のために・・・

 

楽天のサービスを複数利用してポイント獲得率を高める

楽天ブックスでは、その利用した月のポイントを+0.5%加算してくれます。他に

これらのサービスを利用しておりポイント倍率を高めています(トータルで節約のため)。

利用にあたっては、自分に必要なものだけを採用しています。ポイント欲しさに、無駄なものを買っては意味がありませんからね。

 

楽天ブックスで書籍を購入。ポイントを使用しないのが節約

今月も、上記ポイントアップのため、楽天ブックスで書籍を購入します。既に増税されており、本代金は1500円(税抜)⇒1650円(税込)になっていました。

人間の心理として、ポイント使った方が 支払額が安くなって良いと思われますが、トータルでは実際にそうなのでしょうか。

実は「ポイントは買い物に一切使用しない」ほうが、節約になります。詳しく見ていきます。

f:id:adobe-man:20191001045727p:plain

ポイント使用無し 112ポイント付与

f:id:adobe-man:20191001045830p:plain

650ポイント使用 82ポイント付与

 

f:id:adobe-man:20191001050010p:plain

1150ポイント使用 57ポイント付与

 

f:id:adobe-man:20191001050052p:plain

1650ポイント使用 32ポイント付与

ポイントを使用すればするほど、獲得できるポイントが減ってしまいます。

ポイントを一切使用せずに購入した場合では112ポイント入りますが、全額ポイントで支払った場合には32ポイントしか入りません。その差額は80ポイント。

税込1650円程度の買い物で80ポイントの差がつくことの大きさは、投資家ならわかると思います。1650円の株に投資して、80円の配当金を得る事に等しいと考えます。これは、税引き後配当利回り4.8%に相当します。

 

楽天ポイントは現金化できないが、リスクを取れば増やして現金化できる。

 上記の行動で、ポイントを最大化していきます。

本一冊では80円の差額ですが、実は大きい活動です。無理なく普段から行動できるようにします。

さて、現金化できれば万人が嬉しいのですが、そのままでは現金化できません。そこで下記記事のように1ポイント=1円で投資信託の買付に充当できます。株式投資をしたことのない方はリスクを警戒してしまうと思いますが、優秀な銘柄があり、過度に恐れる必要はありません。

www.adobe-man.site

 

 

買付する銘柄は、米国株式で構成されているものであれば何でもよいです。私はeMAXIS Slim(S&P500)にしました。

 

f:id:adobe-man:20191001051715p:plain

8月買付分は7500円⇒7754円に増えている

こちらは、以前に購入した投資信託eMAXIS Slim(S&P500)の運用リターンです。米国の株価に左右されますが、そこそこ増えています。長期的な積み立てをする予定はありませんので、プラスになったら売却しています。そして、毎月、新たに買付をします。

 

楽天ポイント投資は分散投資のため、ポイントアップのため 毎月行う

f:id:adobe-man:20191001051324p:plain

ポイントアップの対象。毎月買付をします。

10/1早朝に、早々に 楽天証券楽天ブックスを利用し、今月もポイントアップ倍率は8.5%の状態に持っていきました。

あとは楽天モバイルを検討中です。IpadにSIM挿して使いたいんですよね。最新のIpadは相当パソコンに近づいたというレビューを目にします。

 

月初行動のまとめ

  • 毎月、欲しい本は楽天ブックス経由で購入
  • 楽天証券のポイント投資を500円以上行う
  • 買い物にポイントは使用しない
  • ポイント投資は少額でも利益が出たら解約(売却)現金化

 

増税されたから消費を控える」の一手ではなく、行動して2%を埋める努力を続けたいと思います(*'ω'*)