アドビーマンの米国株式集中投資

株式投資は米国Adobeメイン。その他登山、写真撮影 今できることを全力で

日本株を2銘柄売却 1つは6年保有した銘柄

こんにちは、アドビーマンです(◍•ᴗ•◍)

こんにちは、アドビーマンです(◍•ᴗ•◍)

昨日のことです。タイトルの通り、日本株を1部売却しました。至った経緯としては次の通りとなります。

ビックカメラ(3048)とサンセイランディック(3277)を売却しました】

 

  • 1.(現在の方針に合っていない)

昨年より、米国株をメインで保有しており、日本株は優待と配当のあるミックス銘柄を残している。そしてこの日本株銘柄の選好は、約6年前に遡る。つまり現在の投資環境、および自身の方針と合致しているか再確認が必要な時期になった。

  • 2.(市場の概況が良くない)

2018年1月に最高値を付けてから、日経平均は減速。現在辛うじて20,000円を維持しているが、保有中だった優待銘柄の下げが酷い。様々な出所からも明らかなように、日経平均構成銘柄を日銀が買い支えていると言う構図が顕著であり、真の実力はとうの昔に20,000円を下回っているとみられることから、利確、および損切を実施すべき。

購入時の動機、計画は柔軟に切り替え、売却することは妥当であると考えた。

 

f:id:adobe-man:20190830221612j:plain

長期保有で投資額はすべて回収した。しかし、私は先を行く。。
  • 3.(パフォーマンスを最大化、およびキャッシュ比率を高める)

簡単に言うと、成長分野に集中投資し、リターンを最大化させたいと考えています。ちなみにビックカメラのリターンは投資金額に対し年率13%程度。かなりお世話になったのですが、さらに上を目指す計画となります。それらを目指すために米国株のAdbeに私は集中投資しているわけです。

 

ビックカメラ(3048)もPaypayに対応して出費が増え収益が悪化したり、取り巻く環境がやや重たくなってきました。競争も激しく、また国内消費だけでは伸び代はあまりないと考えられています。

もう1つのサンセイランディック(3277)は、優待のみに注目して購入しました。あと、最低限は業績をチェックして買ったのですが、元々の考えが安易に優待目当てだったので、決算チェックも疎かにしてました。

f:id:adobe-man:20190830222022j:plain

サンセイランディック(3277)の優待品。それ以上の損失が。。

分散投資が正しいように言われていますが、管理できないのであれば分散投資すべきではありません。保有銘柄については、せめて決算チェックは行い、損切基準など運用ルールを定めておくことです。それらの判断を遅らせた原因は(会社のせいにしてますが)株主優待であり、長期保有株主特典であります(汗が。。

 

一生保有を誓って購入したつもりでも、数年後には状況が変わっている世の中です。特に最近の世の中の変化が凄いので、日本の優待銘柄は少しにとどめておくのが良いと思います。(実際に、企業にとっては辞めるに辞められない重荷になっています。)

 

今週は親会社との交流会で食べすぎ、飲みすぎで体は悪くなりましたが、持ち株のそれは健康になったかなと、特に長年共にしたビックカメラとの別れも、、1日経った今でも後悔していません。

明日は月末資産公開をしたいと思います。今夜のNYが上がれば、少しでも良い数字を見せられるのですがね~。

それでは・・・今日もお疲れ様です。(◍•ᴗ•◍)